FX専業トレーダーの生活!!

トレードに関すること、トレードに参考になることを書いていきます。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

結果は努力の遅行指標 改訂版

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。




今回は以前書いた「結果は努力の遅行指標」の改訂版です。
少し書き足しました。

ザ・シークレットの中で
今の自分は、過去の自分の行動の結果である
と書かれています。

トレードについて言えば、今現在で利益を出せている人は、過去に一生懸命努力してきた結果でしょうし、利益を出せていない人は、努力が足らない、もしくは利益を出すための成長過程にあると言えるでしょう。

FXでは努力が直ぐに結果(利益)と結びつくということは稀だと思います。
それは、努力や経験によって得られたことが知識となって頭の中をめぐって理解され、そして意識が変わって行動に反映され、徐々に結果が出てくるからです。

その間には様々な精神的な問題や苦痛に直面することもあるでしょうし、それが嫌になって辞めていく人も数多くいます。自分が勝てるようになるまで、どれくらいのステップを踏まないといけないのか?、そういったことが見えてこないと人は不安になるものです。

今回は私の経験を元に、トレーダーの努力・経験と知識量と技術と損益の推移のグラフを描いてみました。自分が一体どういったところにいるのか?といった疑問を持っている方には参考になるかと思います。

トレーダーレベル


このグラフの横軸はトレーダーのレベルです。
レベル1からレベル10までの段階について、各レベルでの努力・経験値、知識量、技術、損益の推移グラフを示しています。右に進むほどレベルが上がっています。
縦軸は各線の相対的な数字を表しています。

ここで、各線についての意味を書いておきます。

努力・経験:実際のトレード経験や検証、相場書やブログを読んで勉強すること。
知識量:手法、資金管理、メンタルなどFXで必要な総合的な知識のこと 。
技術:ルールに則ってトレードが実行できること。手法の精度 、合理性も含む。
損益:そのレベルにおけるトレードの損益



レベル1
全くの初心者。恐怖心が全くないので、ビギナーズラックでちょっと利益が出る。
トレードって簡単じゃん!

■レベル1でやっておくべきこと
とにかくFXに関する知識を増やす。
FXにおけるリスクをしっかりと理解し、初心者向けの本を読んで勉強する。



レベル2~3
中途半端に経験と知識がついてくると、損失が拡大する。
例えば損切したけど、しなければ利益が出ていた⇒次は損切しないでおこう!という発想。損大利小の典型。
ポジポジ病でちょっと利益が出たらすぐに利確して、損失が広がったらそのまま放置。
手法はチャートに希望を託すだけのおまじない。根拠もルールもない。
資金管理は滅茶苦茶。勝ち負けに一喜一憂。負けて当然。
それでも一ヶ月で資金を数倍に増やそうと目論む。
そしてほとんどの人がここでFXを辞める。

■レベル2~3でやっておくべきこと
デイトレードゾーン高勝率トレード学のススメシステムトレード基本と原則などのトレードのメンタルに関して書かれた良書を読み、相場に対してどう臨んでいくべきなのかを理解する。
トレードノートを付けることを習慣化させる。⇒トレードノートの付け方



レベル4
ルールの重要性について知るが相場の動向に振り回される。
知識も色々とついてくるので、ブログや情報商材に書かれている手法を試すが検証不足で利益が出せない。どんな相場でも利益を出そうと試みては負ける。
損切についてはちょっと改善。まだまだポジポジ病
一生懸命努力しているはずなのに利益が出ない。辛い時期。

■レベル4でやっておくべきこと
自分がやっている、もしくはやろうと思う手法について、過去のチャートを使って徹底的に検証する。
⇒検証方法
検証している手法がどんな相場で強いのか、弱いのかをしっかりと調べておく。



レベル5
ある程度のルールを持って相場に望むことができる。
しかし、相場のランダムさに精神まで揺さぶられルールに従えない。
損切は出来るようになるが、損切するとカッとなってオーバートレードになる。
自分で利益が出せない理由がある程度わかっているが、技術が伴わない。
分かっていても行動を変えられない。

■レベル5でやっておくべきこと
引き続き検証を続ける。
トレードノートや取引履歴を見て、どういった時に自分のメンタルが崩れやすいのかをしっかりと把握する。メンタルが崩れる予兆などがわかれば、しっかりと書き出して、それを常に目に入るところに置いておく。⇒トレードノートを見直すポイント



レベル6
それまでの努力や経験の蓄積が頭の中で整理され、知識が一気に増える。
どうしたら負けるのか?ということがわかってくる。
自分に合ったトレードスタイルが段々とわかってくる。
利益こそ出せないが、大きく負けることもない。現在の自分に何が足らないのかを客観的に把握出来る。

■レベル6でやっておくべきこと
それまでやってきたことを継続して続ける。
この時点でもう一度、デイトレード、ゾーン、高勝率トレード学のススメ等を読み直すと、新たな発見があったり、ヒラメキが出てきたりする。



レベル7~8
レベル6の時よりも知識がさらに整理されて、新たな知識の吸収力も大幅アップ。
知識を血肉化させることで理解し、そして段々と行動に移せるようになってくる。
この時点からの技術が急に上昇し始める。
しかし、損益としてはトントン。トレーダーとして物凄く成長しているのだが、利益がついてこないので不安になる。
ここで辞めるのはもったいない!!

■レベル7~8でやっておくべきこと
この時期では、FT2やMT4でトレードの練習をするとかなり勝てるのに、リアルでは勝てないということが多い。練習とリアルのギャップはどこにあるのかを徹底的に追求していくと少しずつ前に進める。
真面目にトレードノートをつけているのなら、過去から現在までののノートをまた読み返すと自分の傾向が改めてわかるはずなので、何かつかめるかもしれない。



レベル9
自分の手法を確立し、待つことが出来るのでトレードを厳選することができる。
そして徐々に利益が出てくる。トレードでスリルは求めていない。面白くもない。
単なる確率のゲーム。
エッジがあればトータルで見れば利益が出せることを頭と体で理解し行動できる。

■レベル9でやっておくべきこと
ここまでくれば、今の自分は何をすべきか、自分でわかるはず。
自分に足りないと思うことを実践していこう!



レベル10
レベル9よりももっと技術が洗練され、自分の手法で勝ちやすいポイント、負けやすいポイントがよくわかっている。
しかし、まだまだ貪欲に努力を続ける。



私が専業になったのはレベル9になってちょっとしてからでしょうか。
今考えたら時期尚早すぎて笑えない・・・。


このように、私を含めた普通の人が、トレードで利益を出せるようになるためには、沢山の段階を経なくてはなりません。
トレーダーとしてレベルアップしていくには努力・経験値が必要ですが、これは多くの痛みを伴います。資金が減る苦痛、負けが続く恐怖、ルールを従うことのできない自分に対する失望・・・。
こんなに苦しいのなら努力なんて無駄だ!
やめてしまえ!

と思うのも当然ですし、ほとんどの人が辞めていきます。


しかし、この記事のタイトルにあるように、結果は努力の遅行指標です。
努力・経験の後に知識が増えて、知識が増えた後に技術が増して、技術が向上した後に利益が増えてきます。

つまり、今後勝てるようになるのか否かは、これからの自分次第であると言えるのではないでしょうか?
また、レベル10であったとしても、調子に乗って自分の実力に胡座をかいていたら、必ずマーケットからお仕置きが来ると私は思っています。ですので、私は今後も努力を続けてもっと上のレベルになれるように頑張っていきたいと思います。

最後に、私の好きな本であるゴールに、諦めずに努力を続けること対する、有名人の名言が書かれています。それらをちょっと抜粋してみます。

大半の人は、あと一息というところであきらめてしまう。
成功の一歩手前で投げ出してしまうのだ。あとわずか30センチメートルでタッチダウンできるのに、ゲームを放棄してしまうのだ。
     
- H・ロス・ペロー -


あらゆる偉大な仕事、偉大な業績はビジョンを持ち続けることで実現された。
そして、大いなる達成の前には、しばしば一見失敗や挫折と思われる出来事が持ち上がる。
- フローレンス・シン -



成功を手にする前には、一時的な挫折や失敗を味わう覚悟が必要だ。
挫折にうちのめされたら、すぐさま辞めるのが最も簡単で、理にかなった手段だ。
だからこそ、大半の男女はそうするのだ。
     
- ナポレオン・ヒル -


最も不可欠な要素は粘り強さである。
避けようのない失敗に、エネルギーや情熱を挫かれないという固い決意だ。
     
- ジェームズ・ウィットコーム・リレー -


ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。





■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



[ 2015/06/20 22:53 ] FX | TB(0) | CM(12)

見落としを減らすことと損切りの検証

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。





クリックして約定!エントリーOK!

ポジションを持っていることを確認してチャートを見ると

「あれ?ちょっと違うかな?」



ということはありませんか?

エントリー前にしっかりとチャートを見ていたはずなのに、いざポジションを持つとエントリー前に見逃していたモノが見えてくる・・・。

私も最近は結構減りましたが、昔はよくありました。

あれ、違うかな?」と思って次の足でエントリー方向とは逆のローソク足が確定した時点で損切ればいいのですが、なかなか切ることが出来ずにそのまま逆指値にヒット・・・。

これもトレードの中でも精神的に辛い事の一つです。

自分でも多少気づいていたのにも関わらず、それを放置してしまって損失が拡大させてしまうと、次のトレードにも影響を与えかねません。

以前も書きましたが、私は「ダメかも」と思った時点で切ることにしています。

canvas.jpg

こういうことが出来るようになったのもトレードノートと検証のおかげでした。

エントリー後にチャートの見落としに気づいたトレード(しっかりとノートに記入)を合計していみると、見落としのなかったトレードと比較すると明らかに成績が悪いことが分かりました。

見落としに気づいたトレードの中で、「逆線が2本出た時点で損切りしていたらどうなるだろうか」と思って検証すると、成績がグンと上昇。
統計的な数字が出ると、私はすんなりと納得できるタイプなので、それ以降はスパッと切れるようになりました。


そして、エントリー時のチャートの見落としを避ける方法ですが、これはトレードの検証を繰り返して「チャートを見る目」を養う事と、エントリー前の確認が大切になってきます。

検証については何度も書いてきているので、エントリー前の確認について書きます。

私の経験上、チャートの見落としがある時は、「トレードしたくてウズウズしている」状態の時が多いです。こんな時は、何でもいいからチャートに理由を付けてエントリーするも、ポジションを持つと冷静になってしまって「あれ?なにやってんの、俺・・・。」という風になりがちです。

こういったことを避けるために、「別に今日トレードしなくてはいけない理由はない」と常に思っていますし、結構否定的にチャートを見ています。
否定的にというのは、自分のルール上エントリー出来そうなポイントに来ている状態であっても、色々と理由をつけてそのエントリーが失敗しそうなシナリオを描くのです。

レポートの至るところで、「こんな状態は気をつけてください」と書いているのはそのためです。ブログのトレード記事でも「○○だから嫌だった」と書いていますね。

そして、逆に失敗するシナリオが描けない時がエントリーする時です。

こんなやり方をすると、トレード回数が激減します。
ですが、精度が上がって成績は向上するのです。

チャートの見落としを減らす努力と、見落としに気づいてもすぐに損切りする技術を身につけると、トータルの成績が見違えて良くなりますよ。


応援のクリックをよろしくお願いします。




■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



[ 2014/06/15 12:26 ] FX | TB(0) | CM(2)

トレーディングの守破離

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。




今回は、先週の記事暗闇の中でがむしゃらに頑張って続けていった結果、見えない壁を突き破ってブレイクアウトすることができて、今に至ります。という部分に焦点を当てて記事を書きたいと思います。

まず、私はトレードに関して「キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!」といった感じで一気に悟りを開いたことはありません。(あったとしても勘違いばかりでした)

ゆっくりと経験を積みながら、「そういうことかぁ」と段階を追って気づいてきた感じです。

これまでに何度も書いて来ていますが、私も努力をしているはずなのに、勝つことのできない典型的な負け組トレーダーだった時期があります。負けトレーダーの中にもいろいろなタイプがあると思うのですが、私はコツコツと着実に負けていくタイプでした(笑)

あるとき、「なぜ自分は勝てないのか?」ということを真剣に疑問に思い、初めて自分の過去の全トレード実績とエントリー・エグジット時のチャートを一緒に見直しました。

そのときにわかったのが、無駄なトレードが多すぎるということでした。
1日のトレードの中で、最初のトレードは厳選してトレードするのですが、2回目3回目となると、適当なトレードになりやすくなったり、その時点では既にポジポジ病は完治したと思っていても、やはり負けると簡単にポジションをとりやすくなる傾向があることもわかりました。

できる限り無駄なトレードをなくすにはどうすればいいのか?という問題に対して、私の出した答えが、「完全無裁量のルールを作る」でした。
この時までのトレードは「ルール」というものが非常に曖昧で、自分自身でもどういう手法でトレードしているのかも理解していなかったのです。その時の気分次第でルールは変わる感じでした。

この完全無裁量のルールを作るために、ビクトリーメソッドアドバンスで学んだことを参考にして多くの時間をかけて検証し、何とかシステムを完成させました。そして、負けても痛くない1万通貨(当時は1000通貨なんてなかった。)でトレードを再開しました。

最初はなかなかルールが守れずに苦労しましたが、金を捨てるつもりで1ヶ月シグナルに従い続け、勝ち負けを繰り返した結果、その月の終わりには利益が出ていました。
このときは不思議な気分でした。なんというか、負け続けた記憶しか残っていないのに、結果としては利益が出ている・・・・。という感じで。また、それまで月単位でのマイナスが当然だったので、嬉しいというよりも違和感もありました。

そして続けて2ヶ月目、3ヶ月目とロットを少しづつ上げたのにもかかわらず、トータルで利益が出せました。
ここまで来ると、トレードで勝つという感覚がわかってきました。この時くらいでしょうか、何となく「イケそう」と思い始めたのは。

少なくとも、前もって決めたルールと資金管理に則ってトレードすれば、大きく負けたり、自滅することは無いという確信はありました。こうなってくると、自分のエントリーポイント以外でで大きく動いていたとしても、「悔しい」という感情はなくなってきましたし、エントリーポイント以外でトレードするのは嫌だと思うようにもなりました。

もちろん、この精神状態になってから、ずっと利益を出し続けられた訳ではありません。月単位で負けることもありましたし、ちょっと負けが続いてトレードが嫌になったことも沢山あります。


ちょっと話は変わりますが日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つに守破離というものがあります。守破離とは、何かを学ぶプロセスとして理想的なものとされています。

what01.gif

私の場合、トレーディングの直接の指導者はいませんでしたが、自分で作った完全無裁量のルールに従ってトレードすることが、今思えば「」でした。この「守」を頑なに続けることで、ルールや一貫性を守ることの重要性を知り、トレードで利益を出すということを体感する事ができました。

しかし、私は時期尚早にも、この「守」の段階で専業トレーダーになってしまいました。
兼業から専業へのプレッシャー等もあり、専業直後は思うようにトレードできずにかなり苦労しましたが(レポートをお持ちの方はご存知かと思います)、トレードで負けるとリベンジトレードではなく過去チャートを見直す、新しいアイディアが浮かべば検証するということを続けていくうちに、自分流のチャートの見方、トレードポイントが確立されていきました。

そして、自分の裁量も入れてトレードする「」の段階にたどり着きました。
この段階に入ってからこのブログを真面目に更新するようになりました。現在の自分はまだまだ「破」の状態で、「離」を目指している段階でしょうか・・・・。VMAの佐野さんは明らかに「」のレベルを超えていますね。

トレードで上達していくプロセスは人それぞれかと思いますし、全員が最初は完全無裁量のシステムから始めた方が良いとは思いませんが、「守破離」を意識して取り組むと自分の段階がわかって、成長を楽しめるかと思います。

こうやって書いてみると、自分はまだまだ修行中の身だと感じます。トレードに定年なんてありませんので、プロセスを楽しみながらやっていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。




■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



[ 2014/03/16 08:47 ] FX | TB(0) | CM(6)
プロフィール

あっとないと

Author:あっとないと
あっとないとです。
専業7年目に入りました。
かれこれ長くFXやってます。

こちらでFXについてまとめたサイトを作っています。
検索フォーム
クリックよろしくお願いします


成績

2012年(小数点以下四捨五入)
1月 320pips   2月 294pips
3月 260pips   4月 318pips
5月 281pips   6月 260pips
7月 240pips   8月 237pips
9月 205pips   10月 279pips
11月 187pips  12月 156pips


2013年
1月 358pips   2月 395pips
3月 257pips   4月 432pips
5月 277pips   6月 235pips
7月 205pips   8月 286pips
9月 97pips   10月 217pips
11月 163pips  12月 217pips


2014年
1月 250pips  2月 207pips
3月 206pips  4月 145pips
5月 186pips  6月 136pips
7月 125pips  8月 169pips
9月 255pips  10月 484pips
11月 192pips  12月 198pips

2015年
1月 351pips  2月 303pips
3月 301pips  4月 342pips
5月 114pips  6月 321pips
7月 333pips  8月 297pips
9月 401pips  10月 340pips
11月 208pips  12月 250pips

2016年
1月 268pips  2月 392pips
3月 271pips  4月 373pips
5月 309pips  6月 335pips
7月 219pips  8月 83pips
9月 402pips
全トレーダー必読!
Facebookで「いいね!」が800件突破。 まずはサイトの感想コメントをチェックして下さい。 ご一読の価値アリ!
TopNTagCloud