FX専業トレーダーの生活!!

トレードに関すること、トレードに参考になることを書いていきます。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

めおとFX~二人三脚トレード日記~

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。







夫がFX始めちゃった…そのとき妻は!?FX(外国為替証拠金取引)が分かっちゃう。
爆笑コミックエッセイ登場。


久々の投資本レビューです。
この本の表紙からは意外ですが、パンローロング社の書籍です。
FXについて何も知らない人でも、FXがどんなものかよくわかる漫画形式となっています。
嫁が「FXについて最低限のことは知っておきたい」と言うので購入しました。

本書は、旦那さんがFXを始めたことをきっかけに、筆者がFXを勉強していく過程を面白おかしく描いた漫画です。
ストーリーとしては、旦那さんが「FX」というものを知って、その魅力にとりつかれるところから始まり、そこから相場に打ちのめされてから、奥さんである筆者が「かたきを取る!」と立ち上がっていくというものです。

筆者の実体験を描いた漫画ですので、かなりリアリティがあります。
特に旦那さんが相場にボコボコにやられる描写は、過去の自分を重ねずにはいられません(笑)。漫画の中でFXについて色々と解説してあるので、初心者にもトレードがどんなものかイメージしやすくてわかりやすいですし(妻談)、経験者は「あぁ、こんな失敗何度もやったなぁ」と思える内容です。

FX初心者向けの本といえば、FXに夢を持たせてくれるような中身が多いのですが、本書は全く違います。
この本を読んで「FXを始めたいな!」なんて思う人は決して多くはないだろうと思えるくらいシビアな現実を描いています。悪くないですね。

類書は、ロブ・ブッカーのFXトレーダーの大冒険でしょうか。こちらは小説形式で初心者FXトレーダーの苦悩と成長を描いています。
どちらともFXの初心者の方におすすめしたいですね。




応援のクリックをよろしくお願いします。






■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



為替デリバティブ取引のトリック2 金融機関が巨利を得る金融商品の仕組み

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。







急増する訴訟に対応!凄まじい儲けの手口がいま解き明かされる―。
デリバティブ取引や仕組債の画期的な判決についての解説も収録。


先週紹介した為替デリバティブ取引のトリックが結構衝撃的だったので、
その続編も読んでみました。

本書の前半では、銀行が中小企業にリスクヘッジという大義名分のもとで販売した為替デリバティブ商品のトリックを前書よりも一歩進んだ内容で暴いています。

今回は、モンテカルロシミュレーションを使って、複雑なデリバティブ取引で企業側がどれだけの確率で損をするのかを明らかにして、如何に割に合わない取引だったのかを数字で証明しています。
これを契約前に銀行側が企業に説明していたら、誰も契約していないような結果です。

そして後半では、デリバティブ取引をしてしまった企業の問題解決の方法について解説しています。

前書では、取引先の銀行と裁判で争うのはは企業にとってもマイナスになることが多いので訴訟は最後の手段と書かれていましたが、2013年に出版された本書によると、金融ADRの解決案に納得できず、訴訟に踏み切るケースが増えてきているようです。

こういった悪事が世間に広がるにつれて、取引をしてしまった企業も強気に出るようになってきたのでしょうか?

最後の方では、実際にデリバティブ商品の問題を認めた裁判例が挙げられており、裁判所がどのような判決を出したのかがわかります。

本書も前書と同じく筆者の熱の入った本ではあるのですが、為替デリバティブ=詐欺と思えてしまうような記述が多く、ちょっとやりすぎかな?と感じました。
きっと筆者はそう書きたくなるくらい酷い銀行のやり口を見てきたのでしょう。



少し残念なお知らせです。
約2年ちょっと、130冊以上の投資関連の本を毎週レビューしてきましたが、
今回をもって休憩に入ろうと思います。

この一番の理由は、読みたい本なくなってきたからです。
ある程度本を読み尽くしたせいか、最近はバイブルや星5つの本に出会う機会もめっきり減ってしまい、投資本を読むモチベーションも下がってきてしまいました。

元々は読んだ本の内容を忘れないためにレビューをしていたのですが、
最近はレビューするために投資本を読むという逆転現象が起こっており、
少し苦痛を感じていました。

これからは自由に色々なジャンルの本を読んで、知見を増やしていこうと思っています。
毎週楽しみにしてくれていた方々には申し訳ありません。
投資本のレビューは、また気が向いたらやるつもりです。


応援のクリックをよろしくお願いします。




■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



地獄を見た11人の天才投資家たち

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。







何を避けるべきか。
何をすべきでないか。
ウォール街歴23年の辣腕投資アドバイザーがそれぞれの「失敗」の分析を通して導き出した「成功」の要諦。


この本は11人のプロの投資家の失敗を元に、そこから何か教訓を学ぼう!という本です。他人の犯した失敗を理解することで、自分自身が同じ過ちを犯す可能性を低くし、より賢い投資家になるというのがコンセプトですね。

本書で登場する11人の投資家は、企業経営者、ファンドマネージャー等の億万長者で、失敗を経験するまでは誰もが羨む順風満帆の人生を送ってきた人たちです。
地獄を見るような失敗といっても、実際のところ本書に書かれている全員が破産してしまったというわけでもなく、本当に地獄を見たかどうかは本人しかわからないでしょうね。

全11章で、各章1人の投資家のエピソードが書かれています。どの人もその道のプロで、それまでは成功者として世間から認められる存在だったのに、ほんのわずかな選択ミスやリスク管理の甘さが命取りになった・・・という話が多いです。

そして最後の11章は投資家ではなく実は詐欺師であったバーナード・マドフの話で、この章に限っては、ファンドにお金を預ける側の視点からの話になっています。この本に出てくる人たちの中で、今現在一番地獄を見ているのは彼ではないでしょうか?

この本に出てくる人達レベルの損失額というものは凄まじく、話の後半の資金が無くなっていく部分はどのストーリを読んでも恐ろしさを感じます。
中には、それまでの自分の成功に慢心してしまったがゆえの失敗とも言える例もあって、「どんなに凄い人でも大成功するとこんな風になってしまうんだなぁ・・・。」と感慨深い気持ちになっていましました。
こういった慢心こそが投資や投機における最大の敵なのでしょう。

各章の最後には「この章のポイント」として、失敗例から学ぶべき教訓がまとめられています。はっきり言ってこの部分は蛇足ですね。「ルールに従う」、「ストップロス機能を使う」、「危ないものには手を出さない」など、投資専門用語がバンバン載っているこの本を理解できる人ならば、誰もが知っている当たり前のことを堂々と書いています。

トレードのノウハウは書かれていませんが、読み物としては結構面白いです。






■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



トレードシステムはどう作ればよいのか 2

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。






タートルシステムの再考、2つの固定比率ポジションサイジング、トレンドは依然としてわれわれの友だちか、フューチャーズ・トゥルースのトップ10常連システム、パラメーターはどう設定すればいいのか、など。売買システム評価の第一人者による実践的トレーダーのための検証指南!

先週のトレードシステムはどう作ればよいのかの続編です。
本書は、2006年から2012年までに「フューチャーズ・トゥルース」誌に連載されたトレードシステムに関する論文がまとめられています。

基本的なデザインやコンセプトは上巻と同じではありますが、掲載期間が2006年以降ということで、最新のいいアイディアがあるかなと思って読んでみました。

まぁ読んだ率直な感想としては、「上巻の方が良かった」です。
というのも、本書の方はトレードシステムそのものというよりもは、トレードステーションやエクセルのVBAのコードの書き方に重点を置いてあるからです。

これらのツールを使ってトレードしていない人にとっては、本書の3分の1を占めるアルファベットの羅列を眺めることになります。逆に使う人にとっては役に立つ内容かもしれませんが、私はよくわからないので何とも言えません。少なくとも、新たなトレードアイディアがあまりないのは事実です。

それ以外の内容については、天才数学者はこう賭けるラルフ・ビンスの資金管理大全からの発想を受けてケリーの公式とオプティマルfを利用しての資金管理の検証、アルゴリズムトレーディング入門を使っての最適パラメーターの求め方など、様々な文献の情報を利用して、それが実際のところどうなのかを再検証しています。
こういったところは結構参考になりますね。

比較的最近に書かれた内容ではあるものの、決して目新しい事が書いてあるわけではありません。上下巻を一気に読むとマンネリ感もありますね。また、外国為替市場についてもほとんど触れていないのが残念な点でもあります。

下巻は上巻にも増して読み手を選ぶ本のように感じます。
雑誌に掲載した記事を纏めたものですからね。



応援のクリックをよろしくお願いします。





■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



なぜか投資で損する人の6つの理由

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。






ノーベル経済学賞「行動経済学」理論からの新提言!「あの時、買っていれば…」「また売り損ねた…」投資やお金で失敗するのは、経済を読み間違えたからではなく、自分の心を知らないからだった。アンカリング、ギャンブラー効果、サンクコスト…人が儲け損なう心理を知り、それを逆手に取って、お金に好かれる人生を歩むための画期的大提言!


新書の投資本です。
筆者は元ヘッジファンドマネージャーの川口一晃さん。
こちらでテクニカル教室をされています。

本書は、そのタイトル通り「投資で失敗する理由」について、人間の心理面に焦点を当てて書かれています。その理由とは以下の6つです。

1.プロスペクト理論
人間は利益を得る場面ではリスク回避を優先し、反対に損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする傾向があること。

2.アンカリング効果
提示された特定の数値や情報が印象に残って基準点(アンカー)となり、判断に影響を及ぼす心理傾向のこと

3.サンクコスト
一度投下して回収できないコストのこと

4.メンタルアカウンティング
金品の価値や利用基準をその出所や使途によって区別すること。

5.決定マヒ
情報量や選択肢が多すぎて、決めることができないこと

6.ギャンブラーの誤謬
大数の法則を過大に信用してしまうこと。

お金に好かれる人生を歩むための画期的大提言!なんて書かれていますが、これらの内容は別に目新しいものではありません。
トレード関連や行動ファイナンスの本を読んでいる方ならば知っているものばかりです。
しかし、これらのことを知らない方にとっては色々と勉強になるかと思います。

本書では、以上の6つの項目一つ一つについて、どのようなシチュエーションで人間が特定の状態に陥りやすいのかを例を挙げて具体的に解説してくれています。投資家を対象に書かれた本ではありますが、そうでない人が読んでも理解できると思いますし、話のタネにもなるかと思います。

読みやすい文章で、その上ページ数も少ないのでちょっとした暇つぶしに読むと良いでしょう。





応援のクリックをよろしくお願いします。





■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



プロフィール

あっとないと

Author:あっとないと
あっとないとです。
専業7年目に入りました。
かれこれ長くFXやってます。

こちらでFXについてまとめたサイトを作っています。
検索フォーム
クリックよろしくお願いします


成績

2012年(小数点以下四捨五入)
1月 320pips   2月 294pips
3月 260pips   4月 318pips
5月 281pips   6月 260pips
7月 240pips   8月 237pips
9月 205pips   10月 279pips
11月 187pips  12月 156pips


2013年
1月 358pips   2月 395pips
3月 257pips   4月 432pips
5月 277pips   6月 235pips
7月 205pips   8月 286pips
9月 97pips   10月 217pips
11月 163pips  12月 217pips


2014年
1月 250pips  2月 207pips
3月 206pips  4月 145pips
5月 186pips  6月 136pips
7月 125pips  8月 169pips
9月 255pips  10月 484pips
11月 192pips  12月 198pips

2015年
1月 351pips  2月 303pips
3月 301pips  4月 342pips
5月 114pips  6月 321pips
7月 333pips  8月 297pips
9月 401pips  10月 340pips
11月 208pips  12月 250pips

2016年
1月 268pips  2月 392pips
3月 271pips  4月 373pips
5月 309pips  6月 335pips
7月 219pips  8月 83pips
9月 402pips
全トレーダー必読!
Facebookで「いいね!」が800件突破。 まずはサイトの感想コメントをチェックして下さい。 ご一読の価値アリ!
TopNTagCloud