FX専業トレーダーの生活!!

トレードに関すること、トレードに参考になることを書いていきます。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

FXトレード上達の法則3

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。




今日はクリスマスイブということで、低ボラ相場になっていますね。
しかし、どれもヨコヨコチャートかと思いきや、ユーロドルやユーロ円は値幅こそ小さいものの、しっかりとしたトレンドになっています。
と言ってもこの時期にトレードをする気にはなれませんね。

今日もFXトレード上達の法則の続きを書きたいと思います。


チャートやエントリーポイントの把握の仕方について、前回は上級者と初級者の違いを挙げました。では、どうしてそんなことが起こるのかを「上達の法則」より得た知識を元に解説していきたいと思います。

まず、私たちがチャートをパッと見ると、チャートは映像として脳の「アイコニックメモリ」に入ります。上達の法則によると、

「アイコニックメモリは、見たまま、聞こえたままの「生の記憶」をほんの数百ミリ秒だけ貯蔵することのできる記憶である。ただし、アイコニックメモリは、持続時間が短い上にあとから次々に新しい事象が入ってくるので、記憶内容がすぐに揮発してしまう。」

というものだそうです。
つまり、チャートをパッと見ただけではその瞬間に頭に入っても、すぐに忘れてしまうということです。しかし、チャートを見続けると、このチャートの映像は、頭の中のワーキングメモリに入ります。

ワーキングメモリとは「短期記憶」にも近い概念で、パソコンで言うところの「メモリ」相当し、情報を一時的に保ちながら操作するための領域で、暗算や会話、何かを思考している時などに頻繁に利用されます。

joutatsu1.png

上の図の様に、チャート画像の情報はアイコニックメモリを経てワーキングメモリに入り、そこでこのチャートについて色々と分析していくことになるのです。
しかし、ワーキングメモリもアイコニックメモリほどではありませんが、すぐに記憶内容が揮発してしまいます。その上、容量もあります。

初級者がチャート見て色々と考えようと思っても上手にできないのは、チャート画像に対して馴染みがないために、チャートを見るだけで多くのワーキングメモリを消費してしまい、チャートの情報を処理するためのワーキングメモリの領域が残されていないからだと考えられます。

当然ながら、チャートについて色々考えるためにはより多くのワーキングメモリを消費しますから、無理をしてしまうと頭の中が、パソコンで言うところの「ビジー状態、フリーズ状態」となってしまうのです。

逆にチャート分析に慣れた上級者はというと、チャートは見慣れていますからワーキングメモリの中でも少しの容量しか使用しません。また、チャートについて考える場合も同様に、ワーキングメモリを多くは消費しません。つまり、ワーキングメモリに余裕があるのです。

これに加えて、上級者は頭の中にある「長期記憶」(パソコンで言うハードディスク)から、今見ているチャートと近いチャートを検索して引っ張り出し、比較検討することができます(ここでもワーキングメモリを消費します。)

joutatsu2.png

上級者になればなるほど、長期記憶の中にはチャート画像が豊富にありますし、検索能力も高くなります。そして、検索したデータをワーキングメモリ上で有効に使うことができるのです。

その上、ここまで情報を処理しても、ワーキングメモリには余裕があります。
だから、落ち着いて素早くチャート分析ができるようになります。


エントリー・エグジットポイントの把握についても全く同じことが言えます。

初級者の場合は、自分自身の明確なエントリーポイントが定まっておらず、チャートを見てあれこれ考えようにも、すぐにメモリがいっぱいになってしまってしまいます。

そうなると感情に任せて「よし、行けそうな感じがするからエントリーしてみよう」となりがちです。エグジットについては、ポジションを保有しているおかげで、もっともっと決断における感情の割合が高くなります。

しかし上級者は、自分のチャートの見方をしっかりとした技能として持っており、エントリーポイントが近づいて来たと感じると、ここが本当に「美味しいポイントかどうか」を長期記憶の中の過去のデータと照らし合わせて考え、処理していきます。そして、OKが出ればエントリー、何か気に入らないのなら見送りとなるのです。
ここに感情の占める割合は非常に小さいのです。

以上をまとめると、技能に上達した状態とは以下のような状態となります。
(上達の法則より抜粋)

1.技能に必要な知識が豊富に長期記憶に蓄えられていること
2.必要な知識が、必要に応じて長期記憶から検索できること
3.検索できた長期記憶が、ワーキングメモリで有効に用いられること


次回に続きます。

応援のクリックをよろしくお願いします。
更新の励みになりますので



関連記事

■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DLmarketで購入できます。
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



[ 2014/12/24 20:47 ] FX上達の法則 | TB(0) | CM(2)
いつもブログを読ませていただいております。
今回の記事の内容はトレードに限らず、何かしら知識やスキルを得る際にも生かすことができそうですね。
大変勉強になりました。
[ 2014/12/25 11:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
スネークさん、はじめまして。

この概念は何にでも役に立つと思いますよ。
私も「上達の法則」が本当に勉強になっています。
[ 2014/12/25 21:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

あっとないと

Author:あっとないと
あっとないとです。
専業7年目に入りました。
かれこれ長くFXやってます。

こちらでFXについてまとめたサイトを作っています。
検索フォーム
クリックよろしくお願いします


成績

2012年(小数点以下四捨五入)
1月 320pips   2月 294pips
3月 260pips   4月 318pips
5月 281pips   6月 260pips
7月 240pips   8月 237pips
9月 205pips   10月 279pips
11月 187pips  12月 156pips


2013年
1月 358pips   2月 395pips
3月 257pips   4月 432pips
5月 277pips   6月 235pips
7月 205pips   8月 286pips
9月 97pips   10月 217pips
11月 163pips  12月 217pips


2014年
1月 250pips  2月 207pips
3月 206pips  4月 145pips
5月 186pips  6月 136pips
7月 125pips  8月 169pips
9月 255pips  10月 484pips
11月 192pips  12月 198pips

2015年
1月 351pips  2月 303pips
3月 301pips  4月 342pips
5月 114pips  6月 321pips
7月 333pips  8月 297pips
9月 401pips  10月 340pips
11月 208pips  12月 250pips

2016年
1月 268pips  2月 392pips
3月 271pips  4月 373pips
5月 309pips  6月 335pips
7月 219pips  8月 83pips
9月 402pips
全トレーダー必読!
Facebookで「いいね!」が800件突破。 まずはサイトの感想コメントをチェックして下さい。 ご一読の価値アリ!
TopNTagCloud