FX専業トレーダーの生活!!

トレードに関すること、トレードに参考になることを書いていきます。
2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり

応援のクリックよろしくお願いします!!







「数学が苦手な人ほどカモにされる」投資の世界で、最大の「武器」になるのが確率・統計の基礎知識。日経平均株価には「3年以内に50%下落する」可能性が十分にあり、日経平均連動投信のリスクは米ドルへのFX投資の2倍に達する。購入する株や投資信託を選ぶとき、「値上がりしそうかどうか」だけを見ていませんか?「預貯金以外で資金運用したい」すべての人、必読。リスクを簡単に体感できる「特製サイコロ」付き。


初のブルーバックスの投資本レビューです。
手法やメンタルや資金管理について書かれた本ではなく、金融商品のリスクについて、確率・統計理論を用いてわかりやす解説した本です。本書に付いているサイコロを振ってシミュレーションして、ボラティリティとリスクを感覚的に理解することができるとう点が優れていると思います。

まず、本書のキーワードの一つとしては「ボラティリティ」があります。
最初に投資において、デイトレードと1年程度保有するトレードではどちらがハイリスクかを検証しています。もちろん、同じ枚数、株数でトレードした場合です。
これを、さいころを使用した二項モデルのシミュレーションによって、長期保有のトレードのリスクを実感できます。一般的には長期保有が良いと思われがちですが、ボラティリティの観点で見れば、いかにハイリスクかがよくわかるかと思います。初心者が損切りできずに塩漬けすると、傷が広がることがイメージできることでしょう。

ボラティリティによるリスクについて解説した上で、仕組債、仕組預金、ノックイン投信などのデリバティブを組み込んだ、金融初心者向けに売られている金融商品について警告を鳴らしています。
安全性の高い(と宣伝されている)金融商品も、実はリスクを過小評価して販売されていたり、購入者はプットオプションを売っている立場になっていて暴落時のリスクを押しつけられている事実が書かれています。
これらのデリバティブを組み込んだ金融商品の危険性についても、サイコロでシミュレーションできるようになっており、理屈だけでなく、感覚的に理解できるようになっています。

ボラティリティについては、途中までは「正規分布」と書かれていて「あれ?胡散臭い」と思って読んでいましたが、途中からしっかりとファットテールについて解説されており、理論よりも恐ろしいことが起こる可能性が高いことを示してあります。

ボラティリティの解説から始まって、リスクの定義、金融商品のからくりなどがスムーズに理解できる構成になっています。段を追って説明しているので非常にわかりやすいです。

FXトレーダーに必要な内容かと言われれば、「はい」とは言えませんが、一般知識として持っておいて損は無い内容です。少なくとも金融機関の甘い言葉に乗ることはなくなるでしょう。

最後に、筆者から見た現在の金融工学について抜粋します。

今の金融機関にとって金融工学とは、リスクを過小評価している相手に、リスクを押しつけて儲ける戦いで使う武器です。その武器に幻惑され、デリバティブ商品に投資下人たちは、リスクを過小評価したからこそ投資した(リスクを引き受けた)のです。結果として損失が生じたときに、想定外だと感じるのは当然だといえます。


ポメラがあると本のレビューがしやすいわぁ。





関連記事

■トレード手法解説レポート
第1弾:外為ジャパンさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

第2弾:DMMFXさんでの口座開設&取引で無料プレゼント
(レポートと一緒に5000円キャッシュバックもついてきます)
もしくはDLmarketで購入できます。
(口座開設のプレゼントとDLmarketで販売している商品の中身は、一部異なるところがあります)
詳しくはコチラ

レポート第1弾と第2弾の両方を入手された方に、レポートエクストラをプレゼント中!


■投資本タイアップ

FXブロードネットさんのブロードコース口座開設&取引で
「システムトレード基本と原則」をプレゼント中です。詳しくはコチラ



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

投資の常識は学問的に正しいとは限らない:確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり (ブルーバックス)
確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり (ブルーバックス)作者: 吉本 佳生出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/08/21メディア: 新書 短期投資よりも長期投資のほうがリスクが高い。 ...
[2013/09/14 21:46] 本読みの記録
プロフィール

あっとないと

Author:あっとないと
あっとないとです。
専業5年目に入りました。
かれこれ長くFXやってます。

こちらでFXについてまとめたサイトを作っています。
検索フォーム
クリックよろしくお願いします


成績

2012年(小数点以下四捨五入)
1月 320pips   2月 294pips
3月 260pips   4月 318pips
5月 281pips   6月 260pips
7月 240pips   8月 237pips
9月 205pips   10月 279pips
11月 187pips  12月 156pips


2013年
1月 358pips   2月 395pips
3月 257pips   4月 432pips
5月 277pips   6月 235pips
7月 205pips   8月 286pips
9月 97pips   10月 217pips
11月 163pips  12月 217pips


2014年
1月 250pips  2月 207pips
3月 206pips  4月 145pips
5月 186pips  6月 136pips
7月 125pips  8月 169pips
9月 255pips  10月 484pips
11月 192pips  12月 198pips

2015年
1月 351pips  2月 303pips
3月 301pips  4月 342pips
5月 114pips  6月 321pips
7月 333pips  8月 297pips
9月 401pips  10月 340pips
11月 208pips  12月 250pips

2016年
1月 268pips  2月 392pips
3月 271pips  4月 373pips
5月 309pips  6月 335pips
7月 219pips  8月 83pips
9月 402pips
全トレーダー必読!
Facebookで「いいね!」が800件突破。 まずはサイトの感想コメントをチェックして下さい。 ご一読の価値アリ!
TopNTagCloud